オピニオン

人間も人生で一回は鳥になるべし!初めてのパラグライダー

念願のパラグライダーやってきました!興奮が冷めやまらない!

 

初めてのパラグライダー体験 スカイ朝霧

スカイ朝霧さんでの体験を選びました。友達は3回目で私は初めてのパラグライダー体験でした。

交通アクセス

千葉から静岡まで車で4時間。(7時半に出て11時半に到着)
首都高の渋滞にはまりましたが、中央道富士宮インターから30分ほどで到着しました。

選んだ理由

前情報によると

・飛んでいる最中に富士山の絶景が見れること

・インストラクターの方々が面白い

・東京からのアクセスがちょうどいい

とのことでした。ホームページの写真を見てずっと当日をワクワクしてました★

 

スカイダイビングにはどんな種類があるの?

スカイ朝霧のサイトより引用しました。

・体験コース 10,000円

パラグライダーの構造を学び、一人で飛びふわっとした感覚を味わいたい方向け

・タンデムコース 10,000円

ある程度高さのあるところからインストラクターと二人乗りで飛ぶ体験

・セットコース (半日体験+タンデムコース)18,500円

 

高いところが大好きな私。とにかく飛んで鳥になって見たかった。インストラクターと二人乗りの「タンデムコース」を選びました。

どんな服装で行けばいいの?

3月下旬といってもまだまだ富士山の麓は肌寒いことと、上空に行くとさらに風が冷たいです。今回はこのような服装。

上:ヒートテック、セーター、ウルトラライトダウン、ウィンドブレーカー
下:ジーンズ
靴:スニーカー

手袋、ネックウォーマーを持っていくことをオススメします!アドレナリンがでてる時はさほど寒さを感じませんでしたが、終わった後、体が冷えきっていました。

パラグライダー おすすめ時期は?

景色を楽しみたい!という方にオススメの季節は何と言っても空気が澄んでいますので、遠くまで絶景を楽しむことができます。 ただし究極に寒いのでご注意を。

時間はできるだけ午前中が風のコンディションが良いそうです。午前中は人気なので、早めのご予約を!

 

今回は予約が埋まってしまったようで、PM12時からの体験でした。インストラクターの方に話したら、「予約が埋まっちゃってたとしても現地にきちゃいなよ!来ちゃえばやらしてあげるから」とのことでした。ゆっっっるい(笑)次回は絶対午前中にやろうと思います。

体験の流れは?

受付を済ませて、また少し車でパラグライダーをやる山のふもとまで移動。
車を降りるとすぐ上をパラグライダーを発見。

そこからワゴン車に荷物を積んで300メートルほどの飛行地点まで乗せていってくれます。イケメンの富士山が顔を出したり出さなかったりする日でした。ハーネスを装着してもらって風がほどよくふいてくるまで、頃合いを待つ

 

良くなったタイミングでインストラクターと一緒に崖に向かって走る。
と、思ってた瞬間にもうすでに

浮いてた~…!!

初めての体験で恐怖心を感じてしまう方いると思いますが、大丈夫です!自分がためらってしまったとしても、後ろからインストラクターの方が走ってくれるので、気付いたら浮いてます。

人間ってすご~い。こんなもの発明しちゃうんだから。トンビがはるか下を飛んでるし両手を広げれば本当に鳥になった気分♪

ちゃんとiPhoneを取り付ける場所があるので、安心して持っていって写真が撮れます。足を入れて景色を撮ると、飛んでる感じが伝わる。

このように友達が飛んでるところを撮ることもできます。

遠い。。。笑

富士山は相変わらず帽子をかぶってしまったけどもう絶景!
とにかく風を全身で感じられる

10分ぐらい経ったところで、インストラクターの人が自分に操縦体験をさせてくれました。
上昇気流が発生しているところに行き、右と左で傾き調整しながら風に上手く乗ると上に上がります。

最後にジェットコースターが大好きな私のために、ジェットコースターという旋回しながら
落ちていく体験させてくれました。絶叫好きな人は是非リクエストしてみてください。

これには大絶叫!線路のないジェットコースター

あっという間に20分の空中散歩が終わってしまいました。インストラクターは20年ほどパラグライダーをやっているとのことでしたので、ベテランの安心感がありました。

 

この世界引きこまれたら抜け出せなくなるのわかる~

自然大好き、高いところ大好きな私にはたまらない体験。是非この2拍子持ち合わせてる~って方には全員体験してほしいです!!

パラグライダーやってみたいけど、少し怖くて躊躇してる

私のように絶叫マシーンや高いところ怖くない人もいれば、苦手の方もいます。
実際私の友達はあまりそういうものが得意ではないのですが、すでに3回目(笑)

インストラクターと二人乗りのコースは安心感があります。

また体験コースだと地上近くで行うので、恐怖感が少ないと思います。

パラグライダー体験を終えて

まだまだやりたい!一回で終わらせられない!自分だけで飛んでみたい!とずっと思っています。帰りの車でもずっと余韻に浸っていました。。。ということでライセンス取得コースについて調べてみました。

パラグライダーライセンスの種類は?

日本パラグライダー協会の発行するライセンスは以下のような6段階あります。そのライセンスによってフライトできるエリアや内容が違います。

1. パラメイト証

ゲレンデでパラグライダーの基礎を習得し、インストラクターの指示で高度化らの単独フライトができる

2.ベーシック証

旋回操作や、指示通りの着陸などの技術をマスターする

3.プライマリーパイロット証

ホームエリアを自由にフライトする技術をマスターする

4.パイロット証

ホーム以外のエリアや海外のフライトが可能になる

5. エキスパートパイロット証

公式のの競技大会出場でも通用する技術を磨く

6.タンデムライセンス

二人乗りのフライトができる(今回インストラクターの方はこのライセンスを取得済み)

 

コース内のみ一人で飛びたかったら1を取得する必要がある。
人やスクールに寄って異なるが、大体5~10日で取得可能とのこと。一人前とされる4は週末利用して通えば、1年以上はかかってしまうようですので、少し敷居が高い気がするな~

パラグライダーライセンス取得の値段は?

 

それぞれの資格で約40,000〜80,000円。そのほかにも機材レンタルとかエリア使用料、障害保険料などが別途かかります。機材レンタルしない場合は一式は平均して約60万円!!

「本気で続けたい!」「趣味にしたい!」とすっかり魅力に惹きつけられたら、お金を貯めて買いたいですが、場所もとるので、私はレンタルでいきたいな。

まとめ

初めてのパラグライダー体験を終わって、やはりずっとやりたかったことは先延ばしにしないで、時間を作ってやってみるべきだなと思いました。「怖そう、、、でもやってみたい」と躊躇している方も是非一回やってみてください。何と言ってもやはり非日常の「飛ぶ」という人間にはできない体験を味わって見て欲しいと思います。

ABOUT ME
Lily
野外保育を専門にした幼児教室の講師。 25歳の時に貿易職の会社員を辞める。 その後東京の一人暮らしから名古屋に引っ越し同棲スタート。 「好き」なことをして生きていけることを私が証明します!