20代生き方

退職後ニート生活でやってよかったこと7選!【退職2ヶ月のリアルな感情の起伏も公開】

こんにちは、25歳嫌だった会社辞めたLily(@lilypo8)です。

3年勤めた会社をやめた時、まず自分にかけた言葉

lily

お疲れ様でした。
退職おめでとう!

色々葛藤があったけど、もっと良い人生を送ろうと決断できたことはきっと人生の大事な分岐点。
これからは、我慢する毎日じゃなくて好きなことにわがままに生きたい!と思ったのを鮮明に覚えてます。

 

会社時代の親友とのLINEを見返してみると、相当辛かったんだなって笑っちゃうぐらい暗すぎました。

「まだ水曜日だよ。。。」
「明日の会社が嫌すぎて眠れない」

そんな気持ちを共感できることが唯一の救いでした。

私の最終出勤日からもうすぐで2ヶ月が経つ。
感情の起伏はかな〜りあった!




退職してから2ヶ月間、ニート生活の感情の移り変わり

感情の起伏はもう為替のチャートのようでした。

下がったり、ちょっとしたことですぐ上がったり。

 

最初は自由を手に入れた無敵状態

何もかもから解放されて自由!!!という言葉に尽きる。

朝何時に起きるかも自由
今日一日どうやって過ごすかも自由
今日一日どこ行くかも自由

人生って自分でこんなに操れるんだあああアアアアア!!
人生は自分の選択でこんなにも良い方向に進むことができるんだああああアアアアア!!

 

【今まで縛られてたこと】

学生→やりたくない授業、校則、テスト
社会人→時間、会社のルールや方針、納期(これ、特に)

25歳までのほとんどが縛られた中の自由を探す生活していた。
それが全て解放されちゃった!!
そりゃ、楽しくない訳がない!

みんなが嫌な仕事している間に私はこんなに楽しい時間を過ごす事ができるって優越感に浸ってた。

【退職してすぐやったこと】

  • ずっと行きたかった友達の美容院に行く
  • 髪にハイライトをいれる
  • パラグライダーをやる
  • おばあちゃんにブーケをプレゼントする
  • ホームページを作る
  • 桜公園の桜見に行く
  • 時間を気にしないでペットと散歩する

自分の好きなことと向き合える時間がどんなに人生を豊かにしてくれるかを味わえました。

心が健康だから、身体もみるみる健康になっていくのが驚くぐらい実感しました。

 

しかしそうやって有頂天になっていた退職直後だったけど、時間がたつにつれてマイナスなことも出てきました。

だんだん働かない罪悪感から焦りだす

日中ぼーっとしていると
みんながお金を生み出している時に私は何もしていない=何も生み出していない=価値がないなんてことを考え始めてくる。

辞めた直後は「やろうと思えばなんでもできる!」ぐらいの無敵さだったのに・・・

一日家にいて家事をやってれば、まだ「人の為に何かできている」と自分を慰めることができたけど、
夜ご飯を作れない日があると「何もできなくて、本当にごめんね」って気持ちになってました。

 

ダメ人間になっていくんじゃないかと焦り出した。

「毎日何してるの?」の言葉に傷つくこともある

会社辞めてから少し経ってくると、同期や友達から「毎日何してるの?」って聞かれます。

「○○について勉強して資格とろうと思っている」
「転職活動してる」

とか、言えたらきっとすごいと思われるんだろうけど正直に答えた。

「何もしてない日はしてない」
「遊んだり、家事したり、出かけたり、とにかく自分の好きなことやってる」

∧( ‘Θ’ )∧

 

相手の顔を伺って微妙な表情してると、これってだめなの?って勝手に被害妄想炸裂。
表情や聞かれ方によってはすごく見下されてる感じがしちゃったんだよね。

ダメ人間になりたくないと焦る

退職から1ヶ月後。
やりたいこともだんだんなくなってきて、いよいよ人と関わりたくなってきて仕事がしたくなってくる。

私の場合、退職→引っ越しだったから、知らない土地で知り合いもいなくて仕事しないとなかなか人と話す機会がありませんでした。仕事をしないと彼氏以外とは一度も話さない日なんてざらにありました。

 

長年の教育の中で「人の役に立つこと=良い事」と植え付けられてきたから、
自分のためだけに一日を使うことに罪悪感しか感じなくなってきた。

やっぱり「良い人でいたい」という気持ちって自分の中で消えないし、優等生でありたいと思っちゃう。

型から外れたい、人と違うことしたいと思う一方で外れるのって怖い。

型にはまってる安心を手放せない。

結局、焦りしか感じなくなってきちゃった。

お金が減っていく一方の不安

失業保険の申請はしたしけど、自己都合が理由の退職の場合最初の振り込み日は4ヶ月先です。

日々の生活の中でお金はどんどん消費していって減る一方。
覚悟してたからある程度貯金はしてたけど、やっぱり通帳残高を見るたびになんだか不安。
初めて月末にお給料が振り込まれないというのを味わいました。




ニート生活これだけはやっておいてよかったこと

ここからは、マイナスな感情を乗り越えるためにやって良かったと本当に思えることを紹介します。

 

昨日よりできたことを発見する

働かない自分=ダメな自分じゃないことを知ってほしい
生きているだけで価値がある存在

出来なかった自分を責めるんじゃない。

そもそももっと良い人生を歩みたいと思って退職を決意している限り、当時よりも確実にすばらしい一日を過ごしてるはずなんです!

だから、今日が良い一日であれば自分を責める必要なんて全くない。

何かと比べる必要なんてない。

何か成長してなきゃいけないことはない。
幸せは計ることができないんです。

 

退職したし、劇的な変化を遂げよう!って意識高く持っても、きっとすぐ挫折してしまう。
本当にちょっとしたことでも、昨日より今日の方ができていれば自分を思いっきり褒めてあげられます。

例えば私の場合

  • 昨日知らなかったプログラミングという意味について知った
  • 朝ヨガやりたいから、昨日よりすっきり起きれた

そんな些細なことでも、昨日までとは違う自分を発見できていることに嬉しさを感じました。

「ただ今充電中」の一言で乗り越える

「毎日何してるの?」と友達や同期から聞かれたときは「ただいま充電中」と言えばいい!

毎日幸せに暮らしてるということは、会社に勤めてたときに比べ物にならないくらいの生活をできているということです。
自信を持って充電中だと答えればいい!

 

何かやっている必要はないし、優等生な自分でいようと頑張る必要はないんです。
みんなはだたあなたのことが気になっているだけか、もしくは本当は会社辞めたいからあなたのことを羨んでるのかもしれないですよね。

やりたいことだけやる腹をくくる

辞めた時の気持ちを忘れないようにした方がいい。
私のように心も体もボロボロになって辞めたのに、2ヶ月経つとその時の気持ちもどんどん忘れてくる。

絶対やりたいことだけやる!と覚悟を決めていたことを忘れないようにしておけば、どんな時でも自分自信の味方でいることができます。

ぶれないようにすることが大事。

 

ワクワクすることで朝気持ちよく起きれる

毎日やりたいことだらけだと、ワクワクしている状態なので朝早く起きちゃうんです。
気持ちよく起きた朝がどんなに清清しいかを再認識できました。

ディズニーランドに行く日の朝みたいに、楽しみがあると朝起きるのも楽勝なんですよね。

月曜日も朝も嫌なじゃなくなったのは、会社辞めてからです。

 

朝は一日の始まり、月曜日は週の始まりと言った”始まり”という素敵な時間だったことを再発見できました。

お金を稼ぐのは簡単ということを体験してみる

今はインターネットさえあれば、お金を稼げる時代。
「お金を稼ぐ=大変」という過去を忘れてしまう体験が、私の場合クラウドワークスでした。

ライティングか翻訳の仕事だったらできそう!と思って気軽にやってみたら、一週間で一万円になった。
案外お金を稼ぐというのは大変なことじゃないとう感覚を教えてもらいました。

会社員時代はどんな仕事をしても基本給は決まっていてお給料が振り込まれたけど、
クラウドワークスをやったら自分が今やったライティングに対して、すぐ5000円とかの報酬としてもらえます。

つまり今やったことは5000円の価値があったんだと自分の行ったことの価値を考えられるようになりました。会社に頼らず自分の力だけで稼いだことが単純に嬉しくもありました。

目先の利益にとらわれない

お金を稼ぐことは簡単という体験は考え方を変えられるチャンスだと思うけど、
その一方で目先のお金や利益だけにとらわれないほがいい
私の場合クラウドワークスで翻訳の仕事やライティングの仕事をやって、少しのお金を稼いだ。

でも翻訳の仕事は本当にやりたいものじゃないと思ったから、すぐに辞めた。
お金を稼ぐことは案外簡単という体験自体は本当に良いものだと思うけど、
目先の利益だけにとらわれてしまうと、結局「やりたいことをやる」という気持ちがぶれてしまう。

目先の利益がどれだけ人の信念や気持ちをブラしてしまうのか、気付けて本当によかった。

やりたいこと100個リストアップ

これは色々なところで実践している人がいるけど、本当におすすめ!
100個なんてすぐかける!って思ってたけど、60個ぐらいで何故だか止まってしまう。。。

でもやっと書き終わったところで、その100個のやりたいことを見返してみると
その一つ一つをかなえるためにはどういう方法をしていこう?と具体的に少しずつ考え始める。

 

気持ちがブレそうになった時は、この100個をすぐみれるようにいつも持ち歩く手帳の裏に書いた。

もう思う存分やりたいことだけを書き出してみてほしい!

合わせて読みたい

 

まとめ

2ヶ月無職を体験していきて色々な発見をしたからこそ、退職後やって良かったと心の底から思うことを挙げてみました。

  1. 昨日より今日できたことを発見する
  2. 「ただいま充電中」の一言で乗り切る
  3. やりたいことだけやる腹をくくる
  4. 朝気持ちよく起きる
  5. お金を稼ぐのは案外簡単ということを体験する
  6. 目先の利益にとらわれない
  7. やりたいこと100リストアップする

急がず焦らず、ゆっくりで良い。
あなたのペースがあなたにちょうどいいペース。
退職してから私と同じ状況になっていたら、是非試してみてください。

ABOUT ME
Lily
野外保育を専門にした幼児教室の講師。 25歳の時に貿易職の会社員を辞める。 その後東京の一人暮らしから名古屋に引っ越し同棲スタート。 「好き」なことをして生きていけることを私が証明します!