20代のキャリア

好きなことをやるのは本当は簡単!転職して幼稚園の先生になりました。

こんにちは、Lilyです。

 

25歳で会社員辞めてからどんどん自分のやりたかったことができています。子どもの頃からずっと夢だった幼稚園の先生に来週からなることになりました。

がむしゃらに社会に揉まれる20代前半を終えて、20代後半「これって自分のやりたいことと違うな〜」と違和感を感じている人たくさんいると思う。迷っていたら、やりたいことをやる方がいいと全力で勧めたい!

私が転職を決意して幼稚園の先生になるまでの経緯をまとめました。

 

やりたかった自分の夢を閉まってしまった学生時代

いつからか幼稚園の先生になりたいとずっと思っていた。それは中学校のある日の三者面談で突然終わった。

幼稚園の先生になりたいんです!

先生

幼稚園の先生はお給料も低いし大変だよ?あなたは勉強もできるしもったいない。

そんな狭い世界で生きないで、もっと視野を広く持って欲しい。

中学生の真面目だった私はその時、大人の言うことを聞いてあっさり自分の夢を閉まってしまった。(素直で真面目で優等生だったのかな?w)

広い世界で生きていくにはどうすればいいのかな?と一気に方向転換。得意だった英語を活かして大学進学までを決意。そのおかげで素敵な高校・大学ライフ・留学まで経験できたそのことは本当に感謝しているし、それが今の自分を作ってくれたと思ってる。

 

たしかに私はそういう周りの人に恵まれて、十分贅沢に暮らしてきた。いつでも自由に好きなことやってきた。高い学費を出して通わせてもらって勉強してきた英語を無駄にしちゃだめだって自分に言い聞かせて、安定したお給料の良い会社で英語を活かすことに決めた。

 

そうやってずっとやりたかった幼児教育の道は、、、「いつかやろう。」で心の何処かに閉まってしまった。

 

条件のみで選んだ会社員時代に終止符

お給料も良かったし福利厚生も良かった。このご時世赤字を一回も出したことがない超安定型企業だった。

そんな恵まれた会社の一員になったのに、だんだんと崩れだした。もともと、新しいことに挑戦するのが好きだから初めは何とか仕事を覚えていったけど、すぐに会社に行くことが嫌になって、一人暮らしの部屋で朝泣いたりした。週末の為に平日を犠牲にして働いた。

ストレスは溜まるし、体調はすぐに悪くなるし、満員電車で吐きそうになった。ストレスを溜めやすい体質で、数回蕁麻疹に悩まされた。

 

そう、私は条件のみで会社を選んだんだ

 

本当にやりたいことなんて1つもなかった。

もともと外で遊んだり体を動かすのが小さい頃から大好きだったのに、良いお給料や安定と引き換えに一日中陽の当たらないオフィスで過ごしていた。

 

興味もない商材について勉強することなんて耐えられなかった。興味があるふりなんて神経をすり減らした。ついに身体が限界を迎えてきたところで、この生活を辞めることを決断した。

 

 

 

案外自分が好きな人生を送るのは簡単と気付けた退職後

新卒で入った会社を辞める時って、私だけじゃなくてみんな一大決心だと思う。安定したお給料や会社員のステータスを捨てるのはそう簡単なことじゃないし、初めて順調に走ってきたレールを脱線する思いだった。

そんな大決心だったけど、頭で考えるんじゃなくて心の正直に従ってみたら案外とーっても簡単なことだった。

 

Follow your head ?  <  Follow your heart?

 

25年間生きてきて今更変な話だけど、生まれて初めてやっと人生を好きなように操れるようになってきた気分♪

自分の人生は自分の思い通りにできる!

 

少しそんなこと思ったら、どんどん自信がついてきて、周りから言われる反対意見なんてへっちゃらになっちゃた!やらない後悔よりもやった後悔の方が何十倍も良い!反対意見言われても、その人と自分は違う人なんだから、この先どんな人生になるかはわからない。

 

好きなことをして生きていけることを証明したい!

私、本当にごく普通の25歳女。少しの勇気と覚悟さえあれば、いつからだって自分の人生を思い通りにできる!こんな私ができたんだから、みんなだって絶対できる。いつまでも苦しい状況にいなきゃいけない呪縛から逃れられないのは、長年出来上がってしまった思い込みのせい。

 

自分の子どもが出来た時に「好きな事して生きていけるよ!だって私ができているから!」って言ってあげたい。子どもができた私はその子の幸せを一番に願うと思う。好きなことをやって生きてほしい。

でも、この世の中好きなことして生きて行くなんて無理!と思う人があまりにも多すぎる。

私は今までに何度も「そんな甘くないよ」「好きなことして生きていけないよ」「生活の為には折り合いつけないと。大人になって」何度もこんな言葉を言われてきた。

 

これから大人になっていく子ども達の個性をつぶさないで一人一人の好きなことを引き出してあげたい!

好きなことに没頭したら、いずれそれが仕事になってるかもよ。誰にも負けない趣味になってるかもよ。人に教えて誰かの役に立つかもしれないよ。

この世の中、「好き」でいっぱいになるといい!だからやっぱり私は子どもとか変わる仕事をしたいと確信★

やりたいことをやるために動き出した時

 

保育士や幼稚園の先生になると決めたけど、実は資格がないとできないと思ってました。

でも調べていたところ必ず必要じゃない場合もあります。私は資格を持ってませんが、認可外の幼稚園で働くことができました。だから、やりたいけど「○○じゃないからダメだ」とか条件に縛られないことが大事!思い込みを外したら道はいくらでも開かれるんです!

南の方向が塞がれてたら、東から迂回していく南へ進む方法もあるんです。

 

やりたいことをやるための道は一つじゃないってこと。

 

妥協はしないで、焦らずに本当にやりたいことやワクワクすることに向かっていくこと。

 

面接と実技試験もよゆうのよっちゃん!

 

ずっと気になっていた野外保育の幼稚園を発見し、早速志望動機をズラーっと書いた書類を送り、早速面接と会社見学兼実技試験になりました。

新卒の就活の際は、企業のことたくさん調べて好きでもない商品のことを褒めたり、ガチガチで志望動機の練習をアホのようにしていた。

だけど!今回は違う。本当にやりたいこと・好きなことだったから、何にも準備しなくてもスラスラ出てくる。私の情熱だって声や表情に表れた

実技試験も子供とあっさりと心を通わせて遊ぶことができた★

 

すんなりと次の最終面接になった。

飾らない自分をだして面接ができた。私が子ども達と関わる姿を見て、非常に好印象と言ってくれた。

なんとその場で即採用!!

どこかで受かる気もしていた。こんなトントン拍子ではいくと思っていなかったけど、その反面なんとなく自信もあったのが事実。

 

「好きなこと」にこだわって、諦めなくて本当によかったと思う。「好きなこと」には一番自分のエネルギーが注げる!

 

おわりに

 

25歳の私が転職して天職に着くまでの経緯をまとめました。今思うと会社を辞める決断からたくさんの葛藤をしてきましたが、どう考えてもあのまま自分に嘘をついた人生を続けなくてよかったというのが本心です。

 

1人でも多くの人に自分の好きなことを仕事にしてもらいたい!せっかく1回きりの人生ワクワクしたいもん^^転職に迷っている方の少しでも勇気につながって欲しいです。

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
Lily
野外保育を専門にした幼児教室の講師。 25歳の時に貿易職の会社員を辞める。 その後東京の一人暮らしから名古屋に引っ越し同棲スタート。 「好き」なことをして生きていけることを私が証明します!