20代生き方

20代で地元を離れるメリット5選【その寂しいさや不安に勝るほど決断してよかった】

 

こんにちは、Lily(@lilypo8)です。

 

私は24歳で千葉の実家を出て東京で一人暮らしをして、25歳で名古屋に引っ越しました。

彼氏が京都大好きなので、おそらく今年か来年には京都に引っ越します。

ただ、慣れ親しんだ地元を離れるのは怖いし勇気がいることですよね。でも20代で地元を離れて得られたことが多いとつくづく思ってます。

今地元を離れる決断を渋ってる人の少しでも勇気になれたら良いなと思います。

20代で地元を離れるメリット5選

好きな場所に自分で選択して住める喜びを知る

実家って自分で選んだ場所や家じゃなくて、両親が選んだものですよね。

決して嫌いじゃなかったけど、車がないと不便な場所でした。

 

一人暮らしを東京でし始める時、自分の好きな場所や気に入った家を選べることにワクワクした!!

東京の新宿区に住んでいた時は、穴場で交通の便が良くて大好きでした。

ただ、名古屋に引っ越してきたら住んでいる街は綺麗だし、日曜日の朝は綺麗な教会の鐘の音が聞こえる最高の場所。東京の家よりももっと大好きになりました。

お気に入りの場所で毎日生活ができるこんな幸せないと思いませんか?

日本全国にはまだまだ知らない、自分が気にいる場所があるかもしれない!

 

20代に色んな場所に住んでみて、本当に好きな場所を見つけてそこに30代で家を建てられたら良いな〜と思います。

本当に住みたい場所じゃないところに家建てたらもったいなくないですか?

20代でお気に入りの場所を見つける冒険中です!

 

人に影響されず自分と向き合えるようになる

地元にずっといると、その土地での「固定観念」がどうしても根づいていることがあるように思います。

地元の友達や親戚家族みんなが仲間内でずっと言っている同じことってありませんか?

例えば、「女は25歳くらいで結婚した方が良い」「大手企業に勤めてる人はすごい」「大学卒業した方が良い」

そんなことが「当たり前」なんだと思い込んで自分の人生のレールを敷いてしまう。

自分は人に影響されにくい!と思ってても、周りの人の声や考え方が及ぼす影響力はすごいです。

私は地元に帰ると、「早く結婚しないの?」と言われまくり、早く結婚したほうが良いのかと思ってしまいます。

 

 

私は自分の人生をきちんと自分で舵を切ることが出来始めたのは、一人暮らしで地元を離れてから。

周りの人の意見が自然と入りにくい環境になることで、自分の本当の気持ちと向き合えるようになりました。

人生の主役は自分。20代で自分と向き合えばきっと人生の大きな財産になると思うんです。




新しい出会いで視野が広がる

千葉から東京に出て、圧倒的に日本全国の出身の人との出会いに恵まれました。

今の彼氏は兵庫県出身なので、関西と関東の当たり前は全然違うことを知ることが出来ています。

「お雑煮って味噌で作るの?!」なんて驚き日常的ですw

ずっと地元にいたら、地元の人と付き合って同じ世界観の中で暮らしていたんだな〜と思うとつくづく地元を離れてよかったと思う。

 

私は思い切って地元を離れたことで全国の色んな場所出身の友達を作ることが出来ました!!

むしろ、日本に留まらずに世界中に友達がいます!

 

新しい場所ではそこでの新しい出会いが待っているから、また引っ越すことになっても全然大丈夫。

慣れ親しんだ友達とずっと一緒に過ごすのも良いけど、新しい出会いがあると自分の視野や価値観をどんどん広げてくれます。

 

家族のありがたさに初めて気づく

物理的に家族と離れると、むっっしょうに会いたくなるときがあるんです!

お父さんとお酒のみたいな〜とかお母さんのあの美味しいお味噌汁のみた〜い!!とか。

 

たまに帰るとすごいもてなしてくれるし、喜んでくれる。

帰る場所がちゃんとここにあるという家族の安心感。最高。それだけ。

 

一緒にいる時は「当たり前」すぎてしまうことだけど、離れると初めて胸に沁みるほど有り難さを実感できました。

毎日一緒にいると感謝の気持ちを伝えるのは恥ずかしいけど、離れたからこそきちんと伝えられる機会が増えました。

 

地元の良いところが見えるようになった

自分が好きで住んでいた場所じゃなかったから、私は地元愛があまりありませんでした。

ただ、東京から帰省したある日突然、

「え、、、こんなに自然が綺麗な街だったんだ〜」と初めて思えたのを鮮明に覚えてます。

 

小学校まで一個も道路を渡らずに通えた遊歩道。

綺麗に整備された大きくて綺麗な公園。

隣のおばあちゃんがくれる美味しいたくわん。

 

東京と比較して地元も良いなと思えるところがたくさんあることに気づけた。

なんか自分の故郷が自分に認められて嬉しかった。安心した。

 

まとめ

地元を離れるのは一大決心だし、未知のことだらけで不安ばっかり先行してしまいますよね。

私も失敗したらどうしよう、、、とばかり思ってしまっていました。

でも、一度離れてもやっぱり地元が良ければ戻れば良い。たったのそれだけ。

その気付きこそ財産です。

 

私のように、地元を出て本当に良かった〜と思える人生もあるかもしれません。

悩んでるなら行動してみたほうが良い!

私が20代で地元を出て本当によかった〜と思えること

 

  1. 好きな場所に自分で選択して住める喜びを知る
  2. 人に影響されず自分と向き合えるようになる
  3. 新しい出会いを作れて視野が広がる
  4. 家族のありがたさに本当の意味で気付いて、、、涙
  5. 地元の良いところが見えるようになった

 

20代、人生に妥協するのはもったいなさすぎない?

20代、保守的になるのはまだまだ早すぎない?

 

ABOUT ME
Lily
野外保育を専門にした幼児教室の講師。 25歳の時に貿易職の会社員を辞める。 その後東京の一人暮らしから名古屋に引っ越し同棲スタート。 「好き」なことをして生きていけることを私が証明します!