20代生き方

【メンタリストDAIGO直伝】やることを先延ばしにしなくするには自分に〇〇になるだけ!

こんにちは、Lily(@lilypo8)です。

 

束の間の5日間の夏休みがやってきました。ゆるりと実家で過ごしていてやっと1学期の疲れが取れ始めました。

最近ブログを書きたくて書きたくてたまらなかったんですが、

ついつい睡眠の方が大事だから・・・とか

Netflix見てからやろう〜なんて先延ばしにしていました。

 

あまり更新もできていませんでした。

やることを先延ばしにする癖がずっとある自分が嫌いでした。

そんな時、メンタリストDAIGOが先延ばしにする癖を治す方法を教えてくれるYoutube動画を発見しました。

その方法をまとめました。

なぜあなたは先延ばしにしてしまうの?

結論から言うと、自分に優しくなれていないから失敗が怖いんです。

失敗すると自分を責めてしまいます。

その失敗をするのが怖いから、やらない言い訳を並べたりして先延ばしにしてしまいます

 

例えば、テスト前日にいきなり部屋を大掃除し始めた経験ありませんか?

私の学生時代まさにそうでした!

それは、テストの点が悪かったとしても、「あの時掃除しちゃって勉強するのを先延ばしにしたせいで時間が足りなくなっちゃったんだよね〜」という言い訳をしたいからです。

失敗するかもしれない自分を守るための行動なんですね。




先延ばしにしなくなるには?

あ〜今日もできなかった。

なんでいつも私はやるべきことを先延ばしにしちゃうんだろう?

そんなこと感じて自分を責めていませんか?

 

まさに私はやらなかった自分を責めてばかりいました。

そうするとそれからずっと負のスパイラルでどんどん自分の可能性を信じられなくなるし、イライラしてきちゃうんです。

 

それではなくて「そんな自分も人間らしいよね!」「そんな日があってもいいんじゃない?」と自分に優しくなるだけで、先延ばしにする癖がなくなるんだそうです!

それはつまり、、、自分を許してあげるんです。

ありのままの自分を受け入れてあげること。これを心理学ではセルフコンパッションと呼びます。

セルフコンパッションとは?

「あるがままの自分を受け入れる」ということです。

「高い評価を得るために常にポジティブであろう」「失敗しないためにも自信を持って行動しよう」といったことを考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、無理にポジティブになろうとするのではなく、セルフコンパッションを高めることで周囲の目を気にせず、失敗を怖れずに行動することができるようになります。

自尊心を維持するために、ネガティブな自分の部分を否定し続けることは困難です。
ネガティブな面がひとつもない人間などいないからです。

 

引用:https://reeed.jp/blog_individual/self-compassion/

 

 

でもどうやって自分を許してあげられるんでしょうか?

私はなかなか自分に厳しく生きてきてしまったのか、自分を許してあげられる方法がわかりませんでした。

DAIGOさんが話してくれた中で試してみたいと思った7つの方法を抜粋してまとめました。




自分に優しくなり、自分を許してあげる方法

人生をゲームだと思う

私の人生はこれを絶対達成しなきゃいけないんだ!!とか意識を高く持っている人は

人生をかなり真面目に重く考えてしまっていませんか?

だから少しできなかったことに対して、「努力が足りない」とか「こんなんじゃだめだ!」と自分を責めてしまっています。

そうではなくて、この人生はゲームだ!

ブログを毎日書くゲームにしよう。一個書くごとにアイテムがもらえて、10個たまるとレベルアップ!なんて妄想するのも楽しくなります。

 

また、もし毎日更新できなくても「ま!ゲームだからいっか」ぐらいの気持ちでいれば、

自然と自分に優しくなれます。自分を許すことができます。

 

人生を重く考えなくていいんです。目標を達成するのは、クッパを倒してピーチ姫を救うぐらいの気持ちで軽く考えていていいんです。

途中で穴に落ちたら、またそこからやり直せばいい。

最近将来のことなど真剣に悩んでしまっていたので、こんな考え方してなかったな〜と参考になりました。

コンフォートカードを作る

辛い体験をした時、その時感じた感情をブルーや茶色などの暗めの紙に書き出します。

自分のミスでお客さんにすごい迷惑をかけて怒られた。

なんであの時に確認を怠ったんだろう。もし、もう一度確認していれば防げたミスなのに。

きっと同僚からも上司からも信頼を失った。

 

そしてその感情を感じている自分を横からどんな優しい言葉をかけてあげるかもう一枚の紙に書き出す。

きっと誰がやってもミスは起こったことだと思う。

これから2回確認することを面倒と思わないでやるようにと学ぶ良い機会だった。

良いことばかりの人生じゃ何も面白くないし。

そして、その優しい言葉を書いた紙だけを常に持ち歩く。

それを見るたびに自分を許せるようになります。

Common思考

Commonは多くの人に共通して、一般的にという英語です。

何か嫌なことや不快なことがあった時に、「誰でもそんな時あるよね」私だけじゃなくてすごい偉人でもこういう体験はしているよ」

自分に優しく声をかけてあげることです。

世界でたった一人あなただけが体験することなんてほとんどないぐらい、世界中でいろんなことが起きています。

たった一人自分だけがかわいそうな運命だなんて塞ぎ込まずに、

「きっと誰でもこういうことある!」と自分に言ってあげましょう。

コンフォートジェスチャーをする

嫌な体験をした時に、それをなかったことにしようとするのではなくて、

今自分は嫌な気持ちになったなとしっかり認めてあげましょう。

そして、自分が落ち着く行動をしましょう。

例えば、

  • 深く深呼吸をする
  • 大きく伸びをしてみる
  • 手のひらを揉んで見る
  • 胸をなでおろす

これは副交感神経を活性化させることが目的です。自分の気持ちを落ち着かせて余裕を生み出してから自分を受け入れてあげましょう。

インターベンション・ブレスレットを身につける

ブレスレットを右手につけておいて、自己批判思考が発生した時にそれを左手に付け替えます。自己批判してしまった自分をきちんと確認することができます。

左手に付け替えてしまった自分がダメというわけでは決してありません。

あくまでも、ネガティブ思考になった自分に気付くことを目的としています。これだけでも、ネガティブ思考にとらわれることが徐々に減っていくそうです。

※指輪でもなんでも可

コンパッション日記をつける

  • どんな時にネガティブになったか
  • その時どんなことをしたか
  • どのように思ったか

 

文章にしてみることで、頭の中のモヤモヤがすっきりします。日々の振り返りも大事です。

もし、その時に特に対処できなかったとしても問題ありません。

今までは自己批判しかできなかったものが、また違った角度からみることができたりと徐々にセルフコンパッションが高まっていくのだそうです。

 

そして、1年前の日記を見るとこんなことで悩んでいたんだな〜。今はそんな心配ちっぽけに感じているから全然平気なんだな。と自分の成長を感じることもできるようにもなります。

誰にも見られないので、包み隠さず記録しておくことが良いです。




まとめ

やりたいと思っていることを先延ばしにしてしまう原因と対策がわかりました。

【先延ばしにしてしまう原因】

失敗する自分や嫌な気分の自分を責めてしまうから

【対策】

自分に優しくなる・どんな自分も許してあげる

 

 

【自分に優しくなる・自分を許してあげる方法】

  1. 人生をゲームだと思う
  2. コンフォートカードを作る
  3. Common思考をする
  4. コンフォートジェスチャーをする
  5. インターベンションブレスレットをする
  6. コンパッション日記をつける

いかがでしたでしょうか?

自分に優しくなれて、許すことができれば、行動力も変わります。

先延ばしにすることが自然と減ります。

セルフコンパッションを高めていけば、人生の質を変えることができます。

是非参考にして見てください。

 

最後に

参考にしたDAIGOさんの動画を貼り付けておきます。

 

 

ABOUT ME
Lily
野外保育を専門にした幼児教室の講師。 25歳の時に貿易職の会社員を辞める。 その後東京の一人暮らしから名古屋に引っ越し同棲スタート。 「好き」なことをして生きていけることを私が証明します!